信和エンジニアリング株式会社-入退管理 | ベビーセキュリティ | 徘徊検知/車両管理 | 児童登下校管理-

信和エンジニアリング株式会社

お問い合わせ | 個人情報について

ホーム > 製品情報 > 生徒 登下校セキュリティ管理システム(電波バッジ)

生徒 登下校セキュリティ管理システム(電波バッジ)

登下校通学路安全管理システムは、電波バッジを活用した、児童の安心・安全を確保する為の、 見守りシステムです。
全国の小学校・学習塾向けに開発しました。

見出し3アイコンメディア掲載

人防犯意識の高い学校の事例として、 弊社 「電波バッジ 」 がTVで取り上げられました。

された防犯対策テレビでの紹介画像

見出し3アイコン 主なメカニズム

  1. 児童は電波バッジまたは非接触ICキーホルダを所持し、校門などアクセスポイント通過時に登下校時刻通行の様子など静止画像を保護者の携帯電話にメール送信する。
  2. 保護者はインターネット経由でもわが子の登下校時刻などアクセスポイントの通過時刻を知ることができる。
  3. アクセスポイントを通学路に設置することにより学校周辺における生徒の把握(一定時間が経過しても生徒IDが検出されない場合は、管理画面3段階のアラームが表示される)など管理できる。
電波バッジによる、超高速自動出席確認のデモ画面

1クラス40人の生徒を、わずか2秒で確認します。 大型バスまるごと1台分の生徒なら、数秒でスキャンします。 通信ががふくそうしても、混信しない独自のプロトコル採用のため 最大同時1000個までの「電波バッジ」を識別します。

見出し3アイコン操作性

詳細な概要図はこちらpdfアイコン PDF/1.7MB)

SXローカル設置機器死システム構成図

ページの先頭へ